5月31日にNHK長崎放送局による地方ニュース番組内で、副教材「ヨハンの物語 3年間無理やり日本に連れてこられたオランダ兵の話」が5分程度のアイテムとして取り上げられます。著者アンドレ・スクラムが何故この教材を作ったか、をビデオメッセージで語り、またこの教材の意義について、当会代表のタンゲナ鈴木由香里へのインタビューも予定されています。この教材が長崎で多くの人に紹介されることがいかに意義深いかは言うに及びません。NHK長崎放送局がこの教材へ関心を持ってくださったことを大変ありがたく思います。この教材はオランダNPO法人日蘭イ対話の会の後援で出版されました。以下のサイトで閲覧・ダウンロード、また冊子の注文も可能です。

https://awsedusource.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください