トン・ファン・ゼーランド氏 は歴史家で、オランダ外務省に勤務していました。2001年よりベルリン、ホーチミン、広州、ジャカルタ、東京で外交官として、領事、および 政治・文化官などの職務を歴任し、また、文学や歴史についての著作もあります。

第二次世界大戦とそれに続く時代から今日に至る歴史について特に関心を持っています。外交官としても日蘭イ対話の会の活動に関わっていました。

美術蒐集家でもあり、特に日本とドイツの陶磁器を集めています。そして時計修理技術の訓練中でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください