dialogue-in-japan-1
写真1:対話の会インジャパン2014でのひとこま

2016年度 対話の会インジャパン
恒例の「対話の会インジャパン」は今年は、11月16日に東京のオランダ大使館で開催されます。毎年、日本の外務省は平和交流事業として第二次大戦中のオランダ人犠牲者を日本に招待します。この機会をできるだけ実りあるものとするために、「財団法人日蘭イ対話の会」は、彼らが日本滞在中に日本人、特に若い方々と共に対話をする場を設けております。残念ながら、ほとんどの日本人は第二次大戦中の旧蘭領東印度での歴史について何も知りません。そのため、私達の会はオランダ大使館と共催で日本の方々をお招きし、彼らがきちんと対話をすることができるための基本的知識とこの間の歴史についての勉強会を開いています。
今年は、この分野での第一人者であられる内海愛子教授を講演者として再びお迎えいたします。また、タンゲナ鈴木由香里が日本とオランダの和解活動や、「財団法人日蘭イ対話の会」の活動について話します。その後、参加者の皆様にはオランダからのお客様と共に対話をしながらのランチを召し上がっていただきます。
案内状は10月の初めに出され、一週間以内で40席すべてが既に埋まっています。この活動が日本人の皆様に歴史を思い起こさせ、和解の必要を覚えるときとなり、さらにオランダ人犠牲者の皆様の傷が少しでも癒えますよう願っています。

dialogue-in-japan-2
写真2:対話の会インジャパン 勉強会の風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください