75年前の1945年9月13日、オランダ人、イギリス人、アメリカ人、オーストラリア人の捕虜が福岡俘虜収容所No.2から解放されたことを記念して、祈念式典が2020年9月12日に2015年に除幕された祈念碑の前で開催されます。この祈念碑はその収容所に収容され、亡くなった人も含むすべての元捕虜のために建てられました。

当会では、この式典への参加に加えて、二つのエクスカージョンを開催することを考えています。

2020年9月12日の記念式典に合わせて、日蘭イ対話の会では、9月10日と11日に2つのエクスカージョンを開催しようと計画しております。

一つ目のエクスカージョンは、戦時中強制労働で日本に連れてこられて亡くなった871人のオランダ人捕虜全員を記念する水巻の十字架の記念碑を訪れ式典を執り行います。

2つ目のエクスカージョンは、俘虜収容所福岡No.2についての講演、収容所跡地の訪問、第二次世界大戦に関連する長崎のいくつかの場所を訪れるものです。

2020年9月12日に長崎で行われる式典への参加やこのエクスカージョンへの参加を検討しようと思われていらっしゃる方は、10月1日までにa.w.schram@me.comまでお知らせください。ご質問も歓迎いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください