アンドレ・スクラムはOmroep Maxに出演し、福岡第2分所に収容されていた元俘虜である父、ヨハン・スクラムについて彼が経験したことを話しました。ヨハンは1939年に海軍兵として勤務するため蘭印に向け出発しました。その3年後、戦争の危機が迫ってきたためオーストラリアへ退避途中、ヨハンが乗船していた船が日本軍の船5隻により捕獲されました。捕虜生活と強制労働は42カ月続き、その経験はヨハンのその後の人生だけでなく、アンドレや家族にも暗い影を落とします。

 

© 映像: Omroep Max (2017年11月21日)

ビデオへのリンク: https://nl-nl.facebook.com/fukuoka2B/videos/1869159566427681/

2 thoughts on “アンドレ・スクラムがOmroep Maxに出演”

  1. I watched this story this morning in the NHK TV in Japan. I was moved.
    Since I ( and we) have been running “Concordia Club” that is the social contribution club in Tokyo, if there is a chance that we could have a speech from Prof. Andre Scrum, we will be more than happy. Whenever will do.

    1. Dear Tadahiro Yoshida

      Thank you for you mail.
      We’ll contact you for sure to answer your questions.

      With Kind regards.
      Leo Bloemhard
      Foundation Dialogue NJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください